クルーズジャパントラベル

大西洋横断クルーズ
RCL Serenade of the seas 編
コペンハーゲン、オスロ、クリスチャンサン、レイキャビク、イーサフィヨルド、アークレイリ、ハリファックス&ボストン



2日目 ノルウェーのオスロに到着。

朝、目が覚めて表を見るともう港が近いベランダから、水道に面したおもちゃのようなかわいい家々を眺めているうちに入港。
何時見てもオスロ入出港時の美しい景色にうっとり。
9時半にオスロ湾の美しい水道をオスロ港に向けて航行中のスイート客専用のチョップスグリルで朝食。
プリンセスクルーズ・ペントハウススイート乗船時のサバチーニでの朝食とは比較にならないがビュッフェスタイルなので
反面気軽にゆったりとマイペースで食べることが出来た。



10時前に着桟。11時から下船。ショアーイクスカーションは利用せずとも勝って知ったるオスロ。
まずは、前回以上に市役所内部を詳細に見学後ムンク美術館へ移動、見学後はオスロ駅からショッピングをしながら本船に戻ったのは午後4時過ぎ。約5時間よく歩いた。

ベランダから岸壁市役所2階の窓から見た本船市役所内部の美術品ムンクの作品










5時半マイタイムデイナーをラウンジマネジャーのマリオに2人席を予約してもらい夕食。
マンゴーのスープ、エビのカクテルは良かったがエビの天ぷらはまずくてほとんど残した。
あとはスフレと紅茶でおしまい。
小食に見えるかもしれないが実は帰船してから5階でおやつを食べていたのでそんなにお腹がすいていなかった。
8時半からのショーは行ってみたが面白くないのでショッピングで、というのも本船、北欧クルーズが終わったところなので75%引きの大バーゲンセール。












9時ごろ最終オスロ湾の出口・狭水道を通過してもうっすらと明るい空が見えていました。



3日目に続く