クルーズジャパントラベル

地中海・スエズ運河・紅海クルーズ
RCL Quantum of the seas 編
バルセロナ、ローマ、ナポリ、アテネ、スエズ運河、アカバ&ドバイ

バルセロナも満喫して、いよいよクアンタムに乗船していきます。

チェックインカウンターは客室とクラウン&アンカーのレベルによって
並ぶ場所が異なります。
事前にオンラインチェックインを行っているため、ターミナルでもらった健康調査票を記入して
パスポートとドキュメントを提出すると終わりです。ここでの作業はスムーズでした。
ですが、ここで今までのロイヤルカリビアンと違うことが1つありました。
それは客室に入る鍵にもなるシーパスカードをくれなかったことです。
不安になりながらも書類だけを持って、乗船します。

バルセロナの客船ターミナルはTerminal1から4まであり、4隻が同時に着岸できます。

クアンタムの隣にはセレブリティークルーズのリフレクション(REFLECTION)号が停泊していました。


部屋に向かうと、ドアの近くにある書類置きにシーパスカードが封筒に入って準備されていました。

ベッドには新しいタイプの鍵(時計のようなバンド)が置かれていました。
このバンドはシーパスカード同様に、部屋のドアを開けたり、船内で買い物したりできます。
ただし、上下船する際だけはシーパスカードが必要となります。
シーパスカードもクアンタムに搭載されている「ノース・スター」が描かれていておしゃれなカードでした。


部屋はGSでパーティションにより2部屋に分かれます。
テレビも2カ所に付けられていて、リビングエリア側、ベッド側のどちらでも
見ることができます。

手前の水とお菓子はクラウン&アンカーの特典です。


さらにはフルーツの盛り合わせ等はGSクラス以上特典で準備されます。


洗面台とバスタブ


バルコニーにはテーブルと椅子に加えてチェアーも置かれています。


まずは昼ご飯へつづく